プロのレッスンを自宅で!!

音痴


歌にいい姿勢

歌にいい姿勢とはどんな姿勢でしょう。

 

やはり、余計な力が入っていないリラックスした状態が
いい姿勢ですね。
緊張せず、かといってだらりとしていない
ちょうど、緊張と弛緩の中間の感じです。

 

歌に最もいけない姿勢は、緊張して体が硬くなった
直立不動の状態です。

 

でも、この緊張して体が硬くなった姿勢って、
音痴の人にとっては、ついなってしまう姿勢ですよね。
なりたくてなっているわけではないのですが、
どうしても歌わなければならない場面では、
まさしくこの姿勢です。

 

かといって、いい姿勢を意識しすぎて、体が反ってしまったり
無理な力が入っては声が出にくくなってしまいます。

 

そこで、リラックスしたいのにできない時や、
体が硬くなっている時におすすめなのは
首を回す運動です。

 

ただ首をぐるりと回すだけですが、後ろには倒さないように
注意してください。
首を横側に倒して、前をぐるりと回して
反対側まで行ったら、また戻します。

 

なぜかというと、首を後ろ側に倒してしまうと
頸椎が圧迫されて、呼吸がしづらくなってしまいます。

 

反対に、首を前に倒すと頸椎が伸びて呼吸がしやすくなる
のです。

 

手や肩を動かす運動より手軽で効き目がありますし、
大げさでなく簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

 

首を回す運動で緊張をほぐし、のどの筋肉を柔らかくして
全身をリラックスさせましょう。
それが歌にいい姿勢です。