プロのレッスンを自宅で!!

音痴


上手に聞こえる息つぎ

歌が上手に聞こえるためには息つぎが大切です。
息つぎが上手にできると、ムダに力むことなく
スムーズに歌い続けることができます。

 

では、上手な息つぎはどうするのでしょうか。

 

息つぎをしようと、つい早く息を吸い込んだりしがちですが
私たちの体はとてもよくできていて、実は、息は吐ききると
勝手に吸いこむようにできています。

 

声を出している間は、発声のための筋肉が動いていますが
これ以上声を出せないというところまでくると、
声を出すのをやめて筋肉の動きがとまります。
そこで、一瞬力を抜くと自然と息を吸い込みます。

 

ですから、上手に息つぎをするためには、
意識して無理に息を吸い込む必要はなく、きちんと息を吐いて
あげることで吸うことができるのです。

 

もしそこで、空気を強く吸おうと意識してしまうと、
体に力が入りスムーズな歌の流れがとまってしまいます。

 

では、歌の流れを止めないスムーズな息つぎはどうやって
練習したらいいのでしょう。

 

息つぎの大切なポイントは、息を吐くことです。

 

まず、立て続けに息を吐き出す練習をしてみましょう。
「ハー、ハー、ハー」という感じです。

 

そのあと、短く、早く息を吐き出してみます。
「ハッ、ハッ、ハッ」という感じです。
そして、少しずつ吐く息のスピードを上げてみます。

 

息を吐いたあと、何も意識せず自然と息を吸い込んで
いることに気づくと思います。

 

上手に息つぎすることは、息を吐くことをコントロール
することです。
吐く息を自由自在に調節できるようなると、歌の流れが
途切れることなく、自然に息つぎすることができます。