プロのレッスンを自宅で!!

音痴


個性でうまく歌う

カラオケに行ったら、少しでもうまく歌いたいと思うのは
誰しも同じではないでしょうか。

 

音痴なら特に、もう切実な願いです。

 

ところが、幸か不幸か歌には、うまい、下手があります。
ちょっとしたコツやテクニックで、上手に聞こえたりも
します。

 

でも、テクニックばかりに走って、汲々として歌っても
楽しくありませんね。

 

誰もがうらやむような歌を歌うには、それ相応の努力と
才能が必要です。

 

なので、せめて音痴に聞こえない努力をし、自分の個性を
生かしながら、歌を楽しむのが大切です。

 

そこで、自分の個性を生かして、うまく歌うには
どうしたらいいのでしょう。

 

前に「自分の声を知る」で書きましたが、
自分の声の特徴を知ることは大切です。
それから話し方もポイントです。
声と話し方は、その人の大きな個性ですね。

 

どんな歌が好きかも、大切な個性です。

 

自分の声質と話し方にあった雰囲気の歌を選ぶことで、
個性を生かしてうまく歌えます。

 

また「好きこそ物の上手なれ」で、自分の好きな歌を
楽しんで歌うのも、個性を生かした歌い方ですね。

 

声質やしゃべり方を逆手にとって、すごく可愛らしい
声と話し方の人が、真逆のヘビーメタルを歌ったりするのも
インパクトがあって楽しいです。
個性を生かしていますね。

 

音楽は楽しむためにあるのですから、
自分のその時の気持ちで、楽しい歌や悲しい歌を
「臆せず歌う」のが、個性を生かしたうまく歌うコツ
ではないでしょうか。