プロのレッスンを自宅で!!

音痴


音痴とは?

音痴とはどういうことなんだろう、という疑問を解決するために、
音楽教育の観点から音痴について説明しています。

 

また、一般的に音痴と言われる状態をタイプ別に紹介し、
音痴について考えてみました。

 

音痴とは?記事一覧

誰が聞いても下手な歌の場合、「音痴だね」とよく耳にしますが、そもそも「音痴」って、どういうことを指すのでしょう。音の高さが上がったり、下がったりして安定しない、どんな歌を歌っても同じに聞こえる、伴奏のリズムやスピードとまったく合っていない、などどれも「音痴」と言われます。音楽教育の本では、村尾忠廣さんという方が一般的に言われる音痴について「調子外れ」という言葉を使っています。音楽辞典などでは、先天...

参考までに音楽教育としての「調子外れを治す方法」を紹介します。自分で簡単にできるものではないので、直接には役立ちませんが音痴矯正レッスンやヴォイストレーニングは、この調子外れを治す方法が基になっているものも多いようです。カラオケで歌う場合、キーがかなり違っているために調子外れに聞こえることがあります。半音どころではなく大幅にキーが違うけれど、ちゃんと歌えていることがあります。そういった場合は、キー...

「調子外れ」のところで「音程が合わせられない音痴」と説明しましたが、普段私たちが聞いていて「音痴だな」と感じる歌には、いくつかのタイプがあります。音痴の種類テンポ音痴まず、「テンポ音痴」。テンポが合っていないために、音痴だと感じるタイプです。やたらと音を延ばして歌うのが癖の人っていますよね。でも、テンポがずれているだけで、意外と音程は合っていたりします。強弱音痴似たようなタイプで「強弱音痴」。変な...

ここでは、オンチではないのに音痴だと思われてしまうケースについてお話します。それは、発声のしかた、声に問題がある場合です。例えば、小さい声で聞き取りにくくこもったような発声で歌う場合や俗にいう「通らない声」、のどでできた音だけで出している共鳴していない声で歌う場合です。あるいは、かすれた声や割れた声質なのに、さらに高い声、大きい声を出すことで余計、声にむらが出て音痴に聞こえる場合もあります。また、...

「絶対音感」という言葉を日常で耳にすることがあります。どんな音でも、その高さがわかるんだから絶対音感があったら音痴じゃないだろうな、と思いませんか?私は思いました。単純に「うらやましいな〜」と思ったりしました。そこで「音痴とは?」をもう少し理解するために絶対音感があれば音痴じゃないのか、ということについてお話ししたいと思います。絶対音感とは、他の音と比較することなく単独で聞いたある音の高さを、音名...