プロのレッスンを自宅で!!

音痴


テンポ音痴と強弱音痴

自分の歌の改善点を確認したら、どのように改善するか
ということですが、前にお話しした音痴のタイプに当てはめて
紹介したいと思います。

 

まず「テンポ音痴」です。
テンポが合わない、すなわち速度が合わない場合ですが、
意外とバックの演奏の音やメロディを聴いていなかったりします。

 

もちろん歌っているので、自分では聴いていると思っていますが
聴いて意識して合わせようと思っているかというと
そうでない場合が多くあります。

 

テンポを合わせる練習といっても、歌は速くしたり遅くしたりが
必要なので、メトロノームを使って練習するわけにもいきません。

 

そこで、おすすめなのは自分の歌を録音し、バックの演奏を
意識しながら聴くことです。

 

歌が入っている元の曲と聞き比べて、自分で勝手に速度を
変えたりしないように、演奏とテンポをちゃんと意識しましょう。

 

それから、演奏に合わせることを意識して歌った自分の歌を
また録音して、聴いてみます。

 

これを繰り返すことで、テンポ音痴も改善していきます。

 

同様に「強弱音痴」も、まず自分の歌を録音して聴くことを
おすすめします。

 

力を入れて歌うあまり妙なメリハリが付いて、音を外して
しまいがちなので、半分程度の力で歌うことが大切です。

 

癖になってしまっている場合も多いので、物足りないかも
しれませんが、力を入れないことを意識して歌っているうちに
だんだんと慣れてきます。

 

何度も録音して聴き比べてみてください。

 

テンポ音痴も、強弱音痴も歌い方のクセを直すことで、
音痴を克服することが可能です。