プロのレッスンを自宅で!!

音痴


音程音痴

もっとも多くの人が悩んでいる「音程音痴」の改善方法について
お話します。

 

私の音痴克服チャレンジの中でも第一の改善点であり、
最大の難関でした。

 

聞いている音の音程はわかるのに、正しい音の高さを声に
出すことができない、という発声の問題のほとんどは
声を出す経験が少ないことに原因があります。

 

ですから、正しい音を出すトレーニングをたくさん
積み重ねていくことで、音痴を直すことが可能なのです。
発声を身に付け、声の出し方を安定させることで
音程が外れるのを防ぐこともできます。

 

私の場合は、声が高く、小さくて通らないため、
子供の頃、よくからかわれていました。
プラス音痴ということもあって、声を出すことに
コンプレックスがありました。

 

大人になってからは、自分では大きい声を出している
つもりですが、大きくなっているんじゃなくて、
高くなっているだけ、とよく言われました。

 

どうやったら大きい声を出すことができるんだろう?
声をお腹から出すって、どういう感じなのかな?
と、わからないことだらけでした。
もちろん、腹式呼吸がどういうものかも、いくら説明されても
つかめない状態でした。

 

そこで、音程音痴を直すために、声を出すという基本から
改善することが必要だと思ったのです。

 

このあと、正しい声を出すという観点から、私が行った
音痴を克服する発声の基礎トレーニングを紹介します。