プロのレッスンを自宅で!!

音痴


口の開け方

音痴解消法の基本の第一歩、口の開け方です。

 

 

口の開け方の基本

普段、会話をしていて言葉が聞き取りにくい人がいます。
なぜなら、声が小さいわけでなく、はっきり発音
していないので聞き取りにくいのです。

 

会話でも歌でも、いい声で、はっきり発音するためには
口の開け方が大切です。
正しい開け方ができると、声も楽に出るようになります。

 

よくテレビや本などで目にする、日本語の母音である
「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」の口の開き方は
あなたも知っていますね?
「ア」は口を少し大きく開き、「イ」と「エ」は口を横に
ひき、「ウ」と「オ」は少しすぼめる感じの形です。

 

 

さらなるポイントは?

正しい口の開け方はそれだけではなく、のどの後ろの
スペースが大切です。
のどの奥に空間をつくるような口の開け方が
正しい開け方です。

 

イメージとしては、ちょうどあくびが出る時のような
口の開き方です。
あくびが出る時、息を吸いながらのどの奥が広がっていますね。
その、息を吸った時ののどの奥の広がりを意識しましょう。
舌やあごは余分な力を抜き、あご骨の関節はゆるめます。

 

その感じで声を出す時も、のどの広がりを意識しながら
持続させるようにします。
そうすると、のど声を防ぐことができますし、
発声しやすくなります。

 

慣れるまで難しいかもしれませんが、この正しい口の開き方が
できるようになると、とても声が出しやすくなるので
ぜひ挑戦してみてください。