プロのレッスンを自宅で!!

音痴


声を出す練習

声を出しやすい姿勢がイメージできたら、次は
声を出す練習です。

 

肩や胸に力を入れず、姿勢と口の開け方に注意して
声を出してみましょう。
声量は中ぐらいから小さめでかまいません。
自分で出しやすい高さで練習しましょう。

 

・「アー」の声を、ドレミ、ドレミと高低を変えながら出します。
「アーアーアー」「アーアーアー」という感じです。

 

・「アーウーエー」「アーウーエー」と同じ音の高さで出します。

 

・「アーアー」を「高い声低い声」で交互に出します。
「ウーウー」「エーエー」も同様に出します。

 

声が出にくい場合は無理に出さずに、自分が出しやすい高さ
大きさに調整しながら出してみてください。

 

最初は声が出にくいと思います。
私もなかなか出ませんでした。
音の調子もすぐ外れてしまって、ぜんぜんうまくいきませんでした。

 

でも、毎日少しずつ出しているうちに、だんだんと滑らかに
出せるようになります。
硬かった声帯が柔らかくなって、スムーズに声が出るように
なっていきます。

 

私の場合は、声がスムーズに出ることが嬉しくて
大きい声を出すことも嫌でなくなりました。

 

毎日少しずつ続けて練習に慣れてきたら、いろいろな高さの音で
声を出してみてください。

 

もし、参考になるものがないとまったくわからない、
という場合は、動画サイトを検索してみると、
声を出す練習の動画がありますし、CDやDVD付きの本を
購入するのもよいと思います。