プロのレッスンを自宅で!!

音痴


歌うための呼吸

次は、歌うための呼吸についてお話します。
楽器を演奏したり、歌を歌うのに腹式呼吸
とても大切だとよく耳にします。

 

ところが、私は腹式呼吸ができませんでした。
腹式呼吸がどういうものなのか、感覚がまったく
わからなかったのです。

 

そこで、腹式呼吸をマスターするためのトレーニング
毎日少しずつやってみました。
その方法を紹介します。

 

まず、仰向けに寝て楽な姿勢をとります
お腹に両手をあてて息を吸い込みます(手はあがります)
お腹に両手をおいたまま息を吐いていきます(手はさがります)
体に余分な力が入らなくなるまで、これを繰り返します
次に座って、同じことを行います
その次は、立った姿勢で同じことを行います
そして、ゆっくり歩きながらやってみます

(吸い込む時間より、吐く時間を長くしてみます)

今度は片方の手を胸にあてて、もう一方をお腹にあてます

胸が動かないように息を吸い込みます(お腹の手はあがります)

手はそのままで、息を吐いていきます(お腹の手はさがります)
体に余分な力が入らなくなるまで繰り返します

 

この方法を毎日、本当に少しずつやってみました。
ゆっくり息を吸ったり、吐いたりというのは
意外と大変な作業で、すぐ苦しくなってしまったのです。

 

ただ、慣れてくるにしたがって、楽にできるようになってきます。

 

これがそのまま、歌う時の腹式呼吸になるわけではありませんが
私のようにまったくできない場合は、おすすめのトレーニングです。