プロのレッスンを自宅で!!

音痴


長く声を出す

声が出るようになってきたら、長く声を出す練習をします。
発声トレーニングの基本のひとつで、ロングトーンといいます。
同じ音色で声を長く伸ばすことです。

 

このロングトーンができないと、歌っている最中に
声が不安定になって、音痴のようになってしまいます。

 

ロングトーンのトレーニングをするには、
まず、母音(ア・イ・ウ・エ・オ)の中で、一番自分が
よく出せる音を選びます。

 

その音で15秒間、声を出します。
「ア」が出しやすかったら「アー」と15秒間、
声を出し続けます。
この時、遠くに声を投げかけるように出すのがポイントです。

 

それから以前練習した、のどの奥に空間を作る口の開け方と
腹式呼吸にも、気を付けてやってみてください。

 

15秒間はけっこう長いので、最初は声が強くなったり
弱くなったり、かすれたりするかもしれません。

 

私も最初、そんなに長く出せませんでした。
10秒ぐらいで声が震えてくるので、最初は10秒間
出し続けるようにしていました。
でも、練習していると、わりとすぐ出せるようになります。

 

このロングトーンも身に付けることができると
とても歌いやすくなります。
声量が不安定で声が震えることもなくなりますし、
音程を保つこともできます。

 

音痴で悩む人にとって、安定して長く声を出すことは
なかなかの難関ですが、コツコツと練習を続けることで
音痴克服につながります。

 

声が不安定な私は、本当に実感しました。