プロのレッスンを自宅で!!

音痴


メロディーと自分の声

歌っている時に聞こえているメロディーと自分の声について
お話したいと思います。

 

その前に、一度は経験があるかも知れませんが、
録音された自分の声を聞いて、こんな声だっけ、
自分の声と違う、と思ったことはありませんか?

 

なぜそう感じるかというと、自分で聞いている声は
2つのルートから聞こえる声を同時に聞いているからなのです。

 

ひとつは自分の口から出た声を自分の耳から聞いています。
もうひとつは、どから内耳に伝わって、
体の内側で聞いている声です。

 

録音されている声や、他人が聞いている声は
口から出ている方の声なので、違う声に聞こえるのです。
録音した声を他人に聞いてもらうと、だいたい同じだよ
と答えが返ってくるのも、そのためです。

 

録音された声に違和感を持つのは、聞き慣れていないことと
内耳から聞こえるいつもの自分の声のようには、
ひびいていないからです。

 

同様にカラオケで歌っている時も、聞こえているのは
メロディーと、外側からと内側からの自分の声なのです。

 

そこで、少しでも音程を合わせやすくするために
簡単な方法があります。

 

手のひらをどちらかの耳にかぶせるようにします。
かぶせていない方の耳でメロディーを聴き、
かぶせた方では、内耳から伝わる自分の声を聴きます。

 

この状態で歌うと、メロディーと自分の声の差が
はっきりするので、音程を合わせやすくなります。

 

あなたも一度、試してみてください。