プロのレッスンを自宅で!!

音痴


鍵盤楽器で音程矯正

今まで、発声や呼吸などの「声を出す」という観点から、
「自分でできる音痴の直し方」を説明してきましたが
少し違った方法もお話したいと思います。

 

まず、最初は、鍵盤楽器を利用して、音程矯正を行う方法です。

 

2つの音を利用しながら音程を矯正するので、
ピアノやオルガンのような、鍵盤楽器が必要になります。

 

鍵盤楽器がある人や、誰かが持っていて協力してくれる場合に
限定される、やや難ありの方法ですが、効果はあります。

 

まず、鍵盤楽器で「ド」の音を出します。
矯正を受ける人が「ド」の音の高さに合わせて声を出します。
次は隣の「レ」の音を出します。
同様に「レ」の高さの声を出します。

 

最初からこれが簡単にできたら音痴ではないので、
初めは正しい音の声が出せなくてかまいません。

 

2つの音を何度も聞いて、比べながら声に出していくうちに
だんだんと正確な音に近づいていきます。

 

繰り返して練習が必要ですが、ほぼ正確に「ド」と「レ」の音が
出せるようになります。

 

もし「ド」から始めるのが大変でしたら、出しやすい音から
始めてもかまいません。

 

出せるようになったら、違う2音を練習して、
だんだんと全部の音を出せるように積み重ねていきます。

 

このように鍵盤楽器の隣り合う2つの音を比較しながら、
音程を矯正していく方法です。

 

だいたいの音痴の人は、自分が出している声の高さが、
鍵盤の音と合っているかどうかわからないので
サポートしてくれる人が必要ですね。