プロのレッスンを自宅で!!

音痴


自分の声を知る

自分の声って意識したことありますか?
かすれているなど声に特徴がある場合は、自分で自覚できますね。
あるいは「高いね」「低いね」などと言われたことがあれば
そうなんだ、と自覚することもあるでしょう。

 

でも意外と自分の声って、意識してなかったりします。

 

人間の声は4つの要素で構成されています。

  • 声が高い、低いの『高低』
  • 強い声、弱い声などという『強弱』
  • 声の一つの音の『持続時間』
  • 温かい声、冷たい声、硬い声、柔らかい声などと表す『音色』

の4つです。

 

この4つの基本要素が複雑に関係しあって、さまざまな声が
出てきます。

 

試しにお店や街中で、人の声をこの4つの観点から聴いてみると
本当に千差万別で、なるほどと理解できたりします。

 

他人の声だと特徴がわかりますが、自分の声を分析することは
なかなかできません。
でも、家族や友達、同僚にちょっと尋ねたりして
自分の声の特徴を知ることは、音痴を直す第一歩です。

 

「声、大きいよね」「小さくて聞き取りにくいね」
「しゃべっていても、すぐかすれるよね」など
自分の声の特徴や短所を知ることで、声を出す練習をする時
どんなことに気を付ければよいかわかります。

 

音痴を直すために、声をきちんと出す練習をする。
そのために、自分の声を知る、という感じです。

 

ちなみに私はとても高くて弱いという特徴があったので
その点を意識しながら発声の練習をしました。

 

あなたにはどんな特徴がありますか?