プロのレッスンを自宅で!!

音痴


自分の歌の改善点

自分の声の特徴を知ったら、次は自分の歌の改善点を確認します。

 

音痴と一口にいっても、それぞれ悩んでいることは違います。
音程が外れる、歌っているうちにテンポがずれていく、
リズムに乗れない、などなど。

 

なので、自分の歌のどういうところを改善しよう!と
しっかり改善点を定めて、直していくことが大切です。

 

「歌う」という行動を順番に考えてみると、
まず、正しい音を頭の中でイメージする、
次に、イメージした正しい音を声に出す、
最後に自分の出した声が正しい音程かどうか確認する、
ということが行われています。

 

この流れの中で、自分はどの部分が問題なのかを
確かめることが克服のポイントです。

 

もし、音の高い低いということ自体がわからない場合は
聞いた音を頭の中でイメージして定める感覚に問題があります。
この場合はやはり音楽教育の専門家、音痴矯正のプロなどに
レッスンを受けるのが最も良いと思います。

 

ほとんどの場合は、正しい音を声に出す発声の問題、
正しい音程、テンポ、リズムで歌えているかどうかを
確認するという部分に、克服のポイントがあると思います。

 

私の場合は、しょっちゅう音程が外れる、
伸ばす部分が合っていないことが多くテンポがずれる、
リズムをとっていると他の人と必ずずれるリズム感の悪さ、
と、3つの改善点がありました。

 

そこで、まず、最大の問題である音程が外れることを
第一の改善点に決めました。